So-net無料ブログ作成

佐貫の彼岸花・2 [彼岸花]

                     「収穫の赤い秋音」
収穫の赤い秋音



収穫の赤い秋音



収穫の赤い秋音








今年は彼岸花が例年より遅れた事により、彼岸花が咲く前に稲刈りが終わってしまって天日干しが既に
片された田圃も割と見られました。
最も気になっていた田圃の天日干しは既に片されていて、その田圃の畔には彼岸花が寂しい感じで項垂れ
るかように咲いていました。
車を使ったり自分の足で歩いたりして天日干しとのコラボレーションを見付け、啄木鳥のドラミングや野鳥の
鳴き声、バイクのエキゾーストノートや伐採するチェーンソウの音を聞きながら撮影しました。
nice!(33)  コメント(8) 

佐貫の彼岸花 [彼岸花]

                     「紅華秋景」
紅華秋景



紅華秋景

                                   茨城県大子町佐貫  2019年9月下旬







週末は予定通り大子の佐貫へ彼岸花撮影に行って来ました。
今回もいつもの様に土曜の夜に自宅を出て、現地で車中泊をして早朝撮影です。
今年の彼岸花は、栃木県南では一週間以上も遅れましたが、より北に位置する大子では
栃木県南ほど遅れなかったかと思います。
夜明け前晴れを期待して朝霧が掛かる事を期待しましたが、今回は山の斜面に少しだけ掛かる
だけで、朝霧に覆われた佐貫とはなりませんでした。
nice!(26)  コメント(8) 

今年最初の彼岸花 [彼岸花]

                     「紅花開花」
紅花開花



紅花開花

                                      栃木県鹿沼市口粟野  2019年9月下旬






2019年、今年最初の彼岸花です。本日午前中に旧・粟野の遊の郷彼岸花群生地へ行って来ました。
それはもう今年の彼岸花は、過ぎるくらいに例年より遅れていました。

http://www.kanuma-kanko.jp/miru/hana_detail.shtml?4066:43:0
nice!(30)  コメント(6) 

佐貫の彼岸花 [彼岸花]

                     「収穫の後」
収穫の後



                     「彼岸の稔り」
彼岸の稔り

                                              2014年9月下旬






茨城県大子町の佐貫地区は、お茶の産地として有名な所です。
佐貫で生産されたお茶を奥久慈茶と呼ばれていますが、良質なお茶の生産に不可欠な物が
朝霧の発生です。
今年の佐貫では、その朝霧と彼岸花の田園風景を撮ってみたいです。
nice!(28)  コメント(5) 

彼岸花 [彼岸花]

                     「朝の秋畔」
朝の秋畔



朝の秋畔

                                   茨城県大子町佐貫  2016年9月下旬


                     「彼岸の秋陽」
彼岸の秋陽



彼岸の秋陽

                                  栃木県那須町簑沢  2018年9月下旬





今秋も楽しみにしている彼岸花撮影です。しかし今年は、例年より一週間以上遅れている模様です。
毎年撮影に足を運ばせている旧・粟野の遊の郷の群生地では、9月16日現在でやっと茎が地面から
出始めたみたいです。例年なら現時点で最低5分咲きは行ってるでしょう。
更に北に位置する大子の佐貫と那須の簑沢だと、今年は今月最終土日が見頃でしょうか。
nice!(27)  コメント(10) 

県北の群生地へ [彼岸花]

「朱華の交響曲」
朱華の交響曲



朱華の交響曲



朱華の交響曲

                             栃木県那須町簑沢  2018年9月下旬






先週末は、栃木県北最大の彼岸花群生がある那須町の簑沢へ行って来ました。
去年に続き今年もでしたが、データを見ると今回は1日違いの23日でして、今年は花の進みが
去年より早くて1/3以上はピークを過ぎていました。
これは降雨と関係してるのでしょうか。彼岸花は、雨の後開花が加速すると良く聞いたりします。
nice!(37)  コメント(4) 

今年も遊の郷へ [彼岸花]

                     「山里の赤秋」
山里の赤秋



山里の赤秋



山里の赤秋

                            栃木県鹿沼市口粟野  2018年9月中旬





まだまだ彼岸花が続きます。先週半ばの平日の早朝に撮りに行って来ました。時間が足りませんでした。
nice!(37)  コメント(14) 

彼岸花を探しに・2 [彼岸花]

                     「畔秋雨」
畔秋雨



畔秋雨



畔秋雨

                             栃木県小山市間中  2018年9月中旬





フィルム時代に何回か撮った群生地に十何年振りに行ってみました。
そこは田圃の脇を通る県道の路肩が狭かったり、県道から折れる農道も狭くて車を停めるにも
とても止め辛くて長い間敬遠してきました。
今回は少し離れた公園の駐車場に車を停めて、そこから雨降る中を徒歩で群生に向かいました。
彼岸花の群生は、十何年前と変わらず健在で秋雨の中を咲き誇っていました。
nice!(40)  コメント(8) 

彼岸花を探しに [彼岸花]

                     「陰に咲く」
陰に咲く



陰に咲く

                           茨城県古河市小堤  2018年9月中旬





一昨日(9月16日)家から近い所には、彼岸花の群生はないかと探しに行ってみました。
車で10分くらい南に走った所に小さなお寺があって、その中に群生を見付けて撮らせて貰いました。
家から10分足らずで古河に行ける事も初めて知りました。
nice!(41)  コメント(10) 

彼岸花の季節 [彼岸花]

                     「秋畔の朝」
秋畔の朝



秋畔の朝

                               茨城県大子町佐貫  2016年9月下旬




                     「秋朱」
秋朱



秋朱

                              栃木県那須町簑沢  2017年9月下旬






早いもので9月も中旬を迎えます。来週半ばくらいには秋の彼岸の入り。そして彼岸花の季節です。
今年はどこかまだ行っていない群生地へ撮りに行こうと思います。
nice!(44)  コメント(16) 

簑沢の群生 [彼岸花]

                     「紅華群生」
紅華群生



紅華群生




   「彼岸の秋陽」                     
彼岸の秋陽



彼岸の秋陽

                            栃木県那須町簑沢  2017年9月下旬






那須町東部にある簑沢の彼岸花群生です。先週末フィルム時代以来10年振りに撮影に訪れました。
その間インターネットで見ていてその様子は掴んでいましたが、駐車場や群生内の遊歩道などが出来て
公園として整備されました。
先週末(先々週末)は、県南では終盤を迎えていましたが、県北では丁度見頃でした。それでも例年より
一週間早やかったようで、今年の彼岸花はどこでも早かった事となります。また大判カメラでも撮りました。
nice!(37)  コメント(8) 

遊の郷 [彼岸花]

                     「秋野」
秋野



秋野



秋野



秋野

                         栃木県鹿沼市口粟野  2017年9月中旬






旧・粟野町へ彼岸花撮影に行ってから丁度一週間経ちました。 
あちこちの道端で咲いてる彼岸花も、大多数が終わりに近付いています。
先週満開だった遊の郷の彼岸花群生も、現段階では色褪せて萎れた花が大分目立って
来ていると思われます。
本日はまた飽きもせず、那須町にある彼岸花群生地へ撮影に行って来ました。その方後日紹介します。   
nice!(28)  コメント(14) 

常楽寺・2 [彼岸花]

                     「彼岸の雨後」
彼岸の雨後



彼岸の雨後







写真のタイトルは雨後としましたが、撮影時は全然雨が上がった後ではありません。
降る雨を写し出すの難しくてなかなか出来ません。ある程度強い降りが必要なのかと思います。
強い降りの中でカメラを外に出すのは、傍に東屋でもないと出すのも勇気が要ります。
nice!(38)  コメント(6) 

常楽寺 [彼岸花]

                     「秋雨」
秋雨



                     「秋日」
秋日

                       栃木県鹿沼市下粕尾  2017年9月中旬







台風18号の影響で昨夜から雨降る中、鹿沼の彼岸花の名所常楽寺へ行って来ました。
鹿沼のHPの観光案内を事前に見たところ、今年の常楽寺の彼岸花は例年より早く見頃を迎えそうと
出ていましたが、今年は全くその通りで例年より1週間以上早いと思いました。
この雨降りじゃ常楽寺も写真ファンの姿も無く、きっと閑散としているだろうと最初思いましたが、
現地に着いてみると駐車場は写真ファン達の車で満車状態に近かったです。
最近の風景撮影は、雨に濡れているところに人気が集まっているのでしょうか。
最近写真雑誌で「雨の日写真の極意」と特集を組んだ記事も読みました。きっとその効果もあることでしょう。
nice!(39)  コメント(16) 

9月と言えば彼岸花 [彼岸花]

                     「収穫の光」
収穫の光



                     「彼岸の郷」
彼岸の郷




                     「豊穣に添える」
豊穣に添える

                                   茨城県大子町佐貫








月が変わって9月となりました。9月と言えば毎年欠かさず撮っている被写体は彼岸花の群生です。
過去に撮ったリバーサルフィルムを含めたデーターを見ると、昨年までに13年連続なのが分かりました。
最古で1994年なのも分かりましたが、それより古いリバーサルの原判があるかと思っていました。
因みに95年から97年の3年間のリバーサルの原判は見当たりませんでした。
掲載した写真は、上から2014年、15年、16年に同じ大子町佐貫地区で撮った物です。
nice!(28)  コメント(10) 

最後の彼岸花撮影 [彼岸花]

                     「彼岸に涅槃」
彼岸に涅槃




彼岸に涅槃

                            栃木県鹿沼市下粕尾  2016年10月上旬






先週末は、旧・粟野の常楽寺へ行って来ました。今年最後の彼岸花撮影になります。
再発性の眼病がまた再発してしまいました。コメント返信等遅くなるかも知れません。ご了承下さい。

2週連続の佐貫行き [彼岸花]

                     「淡き光芒」
淡き光芒




                     「豊穣を祝う」
豊穣を祝う




                     「山里の秋日」
山里の秋日





                     「朝露を纏う」
朝露を纏う




                     「朝霧の群生」
朝霧の群生





朝霧の群生













今月25日(日)に飽きもせず、2週連続で大子の佐貫へ足を運ばせました。
今回も日が変わった午前0時に自宅を出て、現地佐貫で3時間ばかりの車中泊をして朝方撮影しました。
前回は降り頻る雨の中を一ヶ所だけ満開に近かった群生を撮っただけで終わりましたが、今回の佐貫は
全体が見頃となり、他県からも多くの写真ファンが訪れて会話を交えながら楽しい彼岸花撮影が出来ました。
佐貫へ向かう途中段々と晴れ間が広がって、現地で彼岸花と稲穂の天日干しとの星景写真撮影の期待が
膨らみました。しかし、佐貫へ着くとそこは深い霧の中でした。
佐貫一帯は茨城県の銘茶、奥久慈茶の産地でして、良いお茶の栽培には霧の発生が不可欠なようです。
それで佐貫で霧の発生は仕方なしかと納得しました。








雨の佐貫 [彼岸花]

                     「秋雨に咲く」
秋雨に咲く




                     「湿る彼岸」
湿る彼岸




                     「秋畔」
秋畔







雨足が弱くなってから車を降りたところ、撮影を始めて間もないくらいにまた強くなりました。
カメラレインカバーでカメラを覆って撮影しましたが、傘など役立たずでしっかりと濡れてしまいました。
田圃の畔の泥濘が所々で酷く、足元に気を取られて危うく滑って転倒するところでした。
そんな雨の中でも、何人かの同好の一行と「酷い雨ですね~」と会話を交えながら撮影しました。

遊の郷群生地・2 [彼岸花]

                     「秋彼岸の息吹」
秋彼岸の息吹




秋彼岸の息吹




秋彼岸の息吹




Nikon D750  Tamron 28-75mmF2.8 Macro  F/7.1  WB/オート  絞り優先オート











鹿沼の観光協会のHPでは、遊の郷群生の咲き具合は今日付けで6分咲きと出ていました。
自分が撮影に行ったのが一昨日の17日(土)で、もう既に7分以上場所によって満開でした。
咲き具合が進まないのは気温が低めだからでしょうか?もう一度撮りに行きたいところですが、
雨続きで週半ばに台風も接近するようです。
昨日は、大子の佐貫へ行って来ました。その方は後日UPします。







DSC_1705.jpg












遊の郷群生地・1 [彼岸花]

              「開華」
開華




開華




開華

                栃木県鹿沼市口粟野  2016年9月中旬






今日の早朝4時半起きして旧・粟野町の彼岸花の群生地、遊の郷へ撮影に行って来ました。
昨日の鹿沼市の観光協会のHPでは3分咲と出ていましたが、実際行ってみたところそれは
全知的に過ぎていた感じでした。それでも部分的にはやっと芽が出始めた箇所もありました。
今年も彼岸花の撮影が始まりました。睡眠のリズムに気を付けたいところです。



大子の山里の見頃はいつ? [彼岸花]

                     「収穫の薄霧」
収穫の薄霧




                     「収穫の朝暘」
収穫の朝暘

                           茨城県大子町佐貫  2014年9月下旬








今年は例年より遅れ加減なのか、栃木県南部の群生地でまだやっと2,3分咲きのようです。
茨城最北部の大子町だと最終日曜日が見頃でしょうか?2枚の詳しいデータを見ると9月21日です。
最終日曜日は25日。4日違いが出ると彼岸花は結構色褪せます。自分が撮りに行けるのは日曜のみ・・・・

彼岸花のシーズンも間近 [彼岸花]

                     「豊穣豊光」
豊穣豊光




豊穣豊光

                         茨城県大子町佐貫  2014年9月下旬




                     
                     「山里の秋花」
山里の秋花




                     「紅華群生」
紅華群生

                           栃木県那珂川町盛泉  2015年9月下旬










今秋から月が変わって9月となりましたが、彼岸花の開花ももう間近です。
早咲きの種は先月上旬から咲き始めました。写真は去年と一昨年に撮ったものですが、今年はまた違う
群生地へ足を運んでみようと思います。





今秋の彼岸花撮影 [彼岸花]

                     「紅揺籠」
紅揺籠






                     「紅二輪」
紅二輪

                                            2015年9月中旬








今秋の彼岸花撮影は、県内最大級の群生地である鹿沼の遊の郷が、関東地方に大被害を齎した
大雨による冠水で撮影に行けなかったのが大変に残念でした。
その後整備されて群生には特に被害は出なかった模様です。冠水が満開前だったのが幸いしたようです。
大子の佐貫での撮影は、早朝曇りだったのが理由か、期待していた朝霧が全く出ずで思い描く写真が
撮れなかったのが、遊の郷に続いて残念な事でした。自然が相手のネーチャーフォト。来年に期待です。

大子の彼岸花の山里へ [彼岸花]

                     「収穫の秋」
収穫の秋




収穫の秋




収穫の秋




                     「秋空に稔る」
秋空に稔る

                           茨城県大子町佐貫  2015年9月下旬








今回のシルバーウィークの彼岸花撮影には、奥久慈茶で有名な大子町の佐貫へ足を運ばせました。
佐貫に限らず大子町内の至る所に彼岸花は見られますが、特に佐貫には群生の数が多く見られます。
群生にカメラを向けていると、次々と同好の姿が群生に集まりました。

再び常楽寺へ [彼岸花]

                     「彼岸の集い」 
彼岸の集い








先週末に再び常楽寺へ足を運ばせました。ほぼ満開に近い状態で、どの花を一つ一つ見ても
痛みが無くしっかりと咲いてました。